Event is FINISHED

Techo School

Description


こんな働き方、あるんだ!
"Techo School"(手帳スクール)は、
「次の働き方」を学べる新しい学校です。
特徴は、先生が全員「障害者手帳」をもっていること。
経営者、弁護士、アーティスト、研究者、映画監督。
それぞれの分野で活躍するイノベーターたちが、
具体的にどうやって、
働く上での障害・困難と向きあってきたのか。
どのようなアイデア・きもちで突破してきたのか。
自分らしい働き方を手にいれてきたのか。
今まで聞いたことのない「働き方のヒント」
をたっぷりと学ぶことができます。
会社に自分をあわせる時代から、
自分に社会をあわせる時代へ。
働き方改革の未来が、ここにあります。

■日時/場所
2018年3月3日(土)13:00-17:10(開場12:30)
集合:虎ノ門ヒルズ オフィス受付前(予定)
教室:
①虎ノ門ヒルズカフェ
http://www.transit-web.com/shop/toranomonhillscafe/
②Wine Factory
http://www.opefac.com/winefactory/

■講師(手帳先生)
○成澤俊輔
世界一明るい視覚障がい者/NPO法人FDA理事長
1985年佐賀県生まれ。埼玉県立大学保健医療福祉学部卒。2016年月刊DIAMONDハーバード・ビジネスレビューの「U-40これからの日本を変える20人」に選出。10代後半より経営コンサルタントとして活躍し、現在障がい者雇用・多様な働き方改革を専門にし常時50社以上の支援を実施している。

○ライラ・カセム
デザイナー/大学研究員
日本生まれ世界育ちのイギリス人グラフィックデザイナー。身体障害、女性、ガイジン、多人種、名古屋育ちなどさまざまなアイデンティティを持つことから、自身を「一人国連」と呼ぶ。大学で勤める傍ら、デザイナーとしてデザイナーと社会福祉の現場の人々を繋げるさまざまなプロジェクトを全国で企画・展開する。特に福祉施設でのアート活動に興味がありアートを商品に変える魔術師になるために猛特訓中。好きな魚はホッケとイワシ。lailacassim.com

○大塚訓平
株式会社オーリアル代表取締役/NPO法人アクセシブル・ラボ代表理事
1980年栃木県宇都宮市生まれ。2006年に、不動産業(株式会社オーリアル)で独立。その後2009年に、不慮の事故により脊髄を損傷。車いすでの生活になったことで、障害者の住環境整備にも注力。2013年には、外出環境整備事業に取り組むNPO法人アクセシブル・ラボを設立。健常者・障害者のどちらも経験しているという、独自の目線で会社ではハード面、NPOではソフト面のバリアフリーコンサルティング事業を展開中。

○初瀬勇輔
株式会社ユニバーサルスタイル代表取締役/株式会社スタイル・エッジMEDICAL 代表取締役
1980年生まれ。大学生のときに、緑内障により中心視野を失い視覚障害となる。失意の底にあったが、高校時代に打ち込んだ柔道を再開することで、障害を受容するきっかけと出会う。2008年、柔道再開からの目標であった北京パラリンピック出場を果たす。2011年、株式会社ユニバーサルスタイルを設立。障害者雇用に、障害のある当事者としての切り口から、アプローチする。パラリンピアンとしての講演活動も精力的に行う。2014年仁川アジアパラ競技大会81kg級銅メダル。2012年東京都スポーツ功労賞。

○今村彩子
映画監督/ Studio AYA代表
名古屋出身。生まれつき耳が聞こえない。大学在籍中にカルフォルニア州立大学ノースリッジ校に留学し、映画学科・アメリカ手話・アメリカろう文化を学ぶ。現在、ドキュメンタリー映画制作で国内だけにとどまらず、アメリカやカナダ、韓国など海外にも取材に行く。作品に「珈琲とエンピツ(2011年)」「架け橋 きこえなかった3.11(2013年)」「Start Line (2016年)」「11歳の君へ 〜いろんなカタチの好き〜(2018年)」 がある。

○猪俣一則
株式会社KIDS 代表/Mission ARM Japan理事
1972年東京生まれ。17歳の時に右腕神経叢損傷を患う、それ以来、左利きに。右腕の代わりになると身につけたデジタルスキルを活かし、建築、土木、自動車のデザインに尽力、上肢障害者へのQOL向上を目的に活動するため起業、恩返しプロジェクトとして、若手デザイナーの育成や幻肢痛をVRを活用することで痛みを和らげる取り組みを行う。

○大胡田誠
弁護士
1977年静岡県生まれ。先天性緑内障により12歳で失明する。筑波大学付属盲学校の中学部・高等部を卒業後、慶應義塾大学法学部を経て、慶應義塾大学大学院法務研究科(法科大学院)へと進む。8年に及ぶ苦学の末に、2006年、5回目のチャレンジで司法試験に合格。全盲で司法試験に合格した日本で3人目の弁護士になった。現在、弁護士法人つくし総合法律事務所に在籍。著書「全盲の僕が弁護士になった理由 ~ あきらめない心の鍛え方」(日系BP社)は、2014年、松坂桃李主演でドラマ化され大きな反響を呼んだ。その他の著書に、妻、大石亜矢子との共著「決断。全盲のふたりが家族をつくるとき」(中央公論新社)がある。

○寺田ユースケ
元車イス芸人・車イスホスト/ヘルプッシュ 車イスヒッチハイカー
1990年愛知県名古屋市生まれ。関西学院大学卒。生まれつき足が不自由なため車イス生活。大学在学中の英国単身留学で障がいを笑いにしていることに感銘を受け帰国後、車イス芸人になるも夢半ばで挫折。その後、「終電帰り、お酒は飲めない」車イスホストになる。ホスト現役引退後、在籍していたホストクラブを経営する「Smappa!Group」のオフィスで働く傍ら、道ゆく人に「車イスを押してください」と声をかけ進む車イスヒッチハイクで全国を駆け回り、気軽な助け合いの世の中を目指す活動「HELPUSH(ヘルプッシュ)」にも力を注いでいる。著書『車イスホスト。』(双葉社) ツイッターは、@HELPUSH_STORY

■タイムテーブル
13:00-13:10:始業式
13:15-17:00:授業
17:00-17:10:卒業式
____________________________________
1730- :いきなり同窓会
※虎ノ門ヒルズ内での交流会
※参加費は別途となります

■参加費
3,000円(税別)

■参加人数
100名様
※先着順
※枠が埋まり次第締め切らせて頂きます

■ 備考

※お子様連れ大歓迎

※オムツ替えベット有(3,4階)

※車椅子トイレ有(1,2,3,4階)

■主催

一般社団法人障害攻略課
http://shogai-koryaku.com/


Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#313555 2018-02-03 13:47:34
More updates
Sat Mar 3, 2018
1:00 PM - 5:10 PM JST
Add to Calendar
Venue
虎ノ門ヒルズ
Tickets
生徒チケット SOLD OUT ¥3,240
Venue Address
東京都 港区虎ノ門1-23-1 Japan
Directions
虎ノ門駅より徒歩5分
Organizer
障害攻略課
89 Followers